はじめまして、「しゅん」と申します。
 
この度は僕のプロフィールに、
興味をもっていただき ありがとうございます。
 
僕は現在21歳で、大学へ行きながら、
インターネットを使ったビジネスで収入を得ています。
 
毎日、快適な自分の部屋で、パソコン一台でお金を稼ぎ、
空いた時間は、大学の友達と飲みに行ったり、いっしょにゲームをして、
気が向いたら、サークルへ行ってテニスしたりと、
楽しく充実した生活ができています。
 
 
軽く自己紹介をしますと、
 
  • 大学3年生ながらインターネットビジネスを活用して月収10万円を突破。
  • パソコン1台でそれを達成する。
  • ブログ投稿数は80記事以上。
  • 最初は500文字の記事を書くのに何時間もかかったが、今では1万字を超える文章も余裕で書ける。
  • 大学へ通学する途中に、電車のなかでブログを書いてお金を稼ぐ。
  • YouTubeの動画を50本以上作成。
  • 動画を取りまくったおかげで、ビジネスについて30分以上アドリブで話せる。
  • 人前に立つのが苦手なクソコミュ障だった僕でも、プレゼンがむしろ得意になる。
  • メルマガを使って仕組み化した結果、始めて3週間で1万5000円の商品が売れる。
  • 塾講師のバイトを辞めて、ネットビジネスだけで生活費をまかなう。
  • バイトをやめて暇になり、とりあえずゲームをしまくる。
  • でも、作業しなくても、毎月お金が振り込まれる。
  • 夢や目標がなく毎日退屈していた僕でも、打ち込めることが見つかりビジネスをやる生活が楽しくなる。
  • 教材やコンサルに50万以上お金を使い、稼ぐための知識を身につけまくる。
  • 嫌々勉強をしていた僕が、ビジネスやって初めて「勉強が楽しい!」と思えるようになる。
  • 億を稼ぐ経営者からLINEで直接ビジネスの指導を受ける。
 
などなどです。
 
普通の大学生とは、
少し変わった生活をしているかもしれません。
 
 
 
まあ、僕が現在行っている
インターネットビジネスの世界は、
一言で言えば「自由」なんですよね。
 
パソコン一台あれば、
いつでも、どこでも、いくらでも、
お金を稼ぐことができます。
 
 
僕は、大学3年生の夏頃、
ネットビジネスで月 10 万円程の利益を、
ほぼ自動で出したことがあります。 
 
 
普通の大学生がシフトをつめこんで、
必死こいて稼ぐ程のお金が、 
勝手に銀行に振り込まれるようになりました。
 
 
その時僕は、塾講師のバイトをしていましたが、
 
「こりゃ、バイトする意味ないな」と思って、
塾講師をやめてしまいました。
 
 
そして、浮いた時間で、
友達と遊んだり、
ゲームしたり、
ビジネスの勉強していたりしていました。
 
やることは、その日発生した収入を、
寝る前に確認することだけです。
 
「今日は、4000円くらい収益でたな~。寝るか」
そんだけの生活です。
 
 
バイトがないと、精神的にも楽ちんです。
 
夜遅くまでベロンベロンになるまで飲もうが、
明日のバイトのする心配しなくてすみます。
 
風邪をひいたり、究極にやる気がない時でも、 
「今日バイトだるすぎる…」なんて思う必要もありません。 
 
 
自分の時間は、自分のためだけに使えるようになりました。
 
 
 
 
そんな僕ですが、
もともと、ネットビジネスなんてものとは、
全く無縁の生活をしていました。
 
 
別にビジネスの才能があったわけでも、
特別なスキルがあったわけでもありません。
 
 
毎日ダラダラ生きてる、凡人以下の人間でした。
 
とにかく毎日が退屈でつまらなかったのです。
 
 

ただの引きこもりだった大学生

 
 
僕がネットビジネスを始める前の大学生活は、
ほんとにゴミみたいなものでした。
 
 
ほぼ引きこもりみたいな生活をしていたんですよね。
 
 
学校もバイトめんどくさいし、
運動もそんなにやる気が起きず、
彼女もいるわけではないので、
 
外へ出る習慣があんまありませんでした。
 
 
まあ、ゲームとかネットは嫌いじゃなかったので、
家でスマホやゲームの画面とにらめっこしてました。
 
夜遅くまで、ゲームして、
朝日が昇ってきたころに寝て、
昼頃起きて、またゲームする。
 
そんなクソみたいな毎日を送っていましたね笑
 
 
正直、そんな生活してても、
それほど楽しいわけじゃないし、
将来も不安になります。
 
「こんな僕が将来、社会人としてやっていけるのかな...」
「もっと、夢のある充実した生活がしたいな。」
 
と心の中で思っていました。
 
 

ネットサーフィンをしていた僕は異世界と出会った

 
 
そんな退屈な人生を送っていたある日、
僕は運命的な出会いをします。
 
別になんでもない日でした。
 
普段と同じように、
スマホでネットサーフィンをしていると、
 
”ネットビジネスで1億円稼いで自由になった”
という人のブログを見かけたんです。
 
 
なんか怪しいなと思いつつ、
その人のブログを眺めてみます。
 
すると、その人のプロフィールには、
驚きの経歴が書いてありました。
  
・もともと超貧乏だった
・でもネットビジネス始めたら、半年くらいで、月収100万突破
・今は、何もせずに月収1000万
・数年で、累計1億以上余裕で稼いでいる
・働く必要がないので、趣味に没頭
 
「え、月に1000千万?????」
「年収じゃなくて?(年収でも凄いけど)」
「しかも何もせず?」
「今、働いてないの????」
「俺なんて、死ぬ気でバイトして、月10万よ?」
 
 
 
まあ、最初は信じていなかったです。
 
「これはあれだろ?よくある詐欺だろ?」
「働かずにお金なんて稼げるわけないやん…」
 
僕の常識とはあまりにかけ離れています。
 
ある意味夢のような世界です。
 
 
でも、僕の常識とはかけ離れているからこそ、
なんとなく興味がでてきました。
 
 
 
そこから僕は、
ネットビジネスで成功している人のメルマガを読みあさったり、
YouTubeで動画を聞きまくったりしました。
 
 
最初は、
「インターネットだけで、お金を稼げるなんて面白そうだな~」程度でした。
 
 
でも、ビジネスの勉強を2週間もした頃には、
 
「確かに、ちゃんとやれば、月収1000万円稼ぐ人もいるだろうな」と、
夢に思えたものが、
現実的に考えられるようになりました。
 
そこから僕は、ネットビジネスを学んだり、実践するのが、
とても楽しくなりました。
 
 
毎日ゲームばかりして、退屈な生活をしていた僕は、
ネットビジネスに出会うことで、
夢をもてるようになり、毎日が刺激的になったのです。
 
 
そして、ネットビジネスの勉強×実践を繰り返しているうちに、
月収が1万、3万、5万、10万、、、とどんどん増えていきました。
 
 
 
正直やっていることはそんなに難しいことではありません。
 
成功している人のメルマガ、動画をしっかり学び、
時にはお金を払って教材を買って、
書いてあることをただただ真似ていっただけです。
 
 
つまりは、
稼ぐ方法を知ってるか知らないか。
 
ただそれだけだったんですよね。
 
そして知ってしまえば、
誰でも簡単にビジネスで稼げてしまうわけです。
 
 
じゃあ、具体的にはどのような情報を知る必要があるのか?
 
その情報を僕は、ブログやメルマガを使って発信しています。
 
 
特にメルマガでは、
今まで僕が50万以上使って、
学んだ情報を包み隠さずお話ししています。
 
無料で登録できて、
いつでも簡単に配信を解除することもできるので、
興味のある方は気軽に登録してください! 
 
 
メルマガ読者限定プレゼントとして、
ネットビジネスの基礎が学べる電子書籍も無料で読むことができます。
 
ぜひ電子書籍で、
ネットビジネスの基礎をマスターしてみてください!
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
 
 

追伸

僕のもっと詳しいプロフィールをレポートにまとめて書いてます。
 
ぜひ読んでみてください。
 
正直、リアルの友達に見せるのは恥ずかしいくらい、
感情込めて、せきららに自分の人生を振り返っています笑
 
 
 
今すぐにでも、ネットビジネスを始めたいけど、
「何やったらいいかわからない」という方へ。
 
ネットビジネス初心者の方は、
このページが役に立つかと思います。
 
 
それでは、これからネットビジネス頑張っていきましょう!
 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。