この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

こんにちは、しゅんです。

 

今回は

異世界は誰でも怖いけど、

最初の一歩目を勇気を出して踏み出そう

って話をしていきます。

 

僕は20年以上生きてきて

いろんな経験をしてきました。

 

その中でも、自分の人生が大きく変わった瞬間って、

自分の知らない世界に飛び込んだ時

ってのが圧倒的に多いです。

 

 

なかでも、僕の人生の分岐点で、

ソフトテニスとの出会いはかなり大きいです。

 

僕はこれまでの人生でかなりの時間を、

ソフトテニスというスポーツに費やしてきました。

 

小学4年生から始めて、

中学、高校もソフトテニス部。

さらに大学でもサークルでやっています。

 

もちろん、受験などでほとんどやらなかった年もありますが、

約10歳から21歳の今までの

10年以上続けてたことになります。

 

僕の人生の半分以上に

ソフトテニスが関わってきています。

 

もちろん好きだから続けていますし、

ソフトテニスに出会って良かったと心から思っています。

 

やっぱり、打ち込めることがあるってのは最高です。

僕の仲間と共に努力して、全国大会を目指すという、

少しくさいですが、青春時代を作ってくれました。

 

逆に、僕がソフトテニスと出会ってなかったらと思うと怖いですね。

 

なにも打ち込めるものがない学生時代を過ごしたかもしれない。

いっしょに高めあった仲間とも出会えなかったかもしれない。

 

多分今よりはつまらない人生を送ってただろうなと思います。

 

ソフトテニスは僕の人生を

かなり良い方向に変えてくれました。

 

 

ですが、そんな僕も、

最初はソフトテニスを始めるのが怖かったんです。

 

ソフトテニスっていうスポーツの世界は、

僕にとっては異世界でした。

 

異世界だから怖いし、

むしろ、始める気もあまりなかったです。

 

 

僕とソフトテニスの出会いは、

小学生4年生なりたての頃。

 

その頃の僕は、

少し家に引きこもり気味の小学生。

 

あまり、外出て遊ぶ機会が少なかった。

 

あ、別に不登校とかではないですよ。

 

ただ、親が忙しい人だったんで、

家で1人で遊ぶことが多かったんです。

 

その影響で、ゲームにハマりまくる。

放課後は家でドラクエやったりポケモンやったり。

 

休日は友達と遊ぶことが多かったですが、

それでも、自分の家や友達の家でゲームです。

 

スマブラとかマリオカートとか。

あとは遊戯王とかもやってたかな。

 

いつも同じようなメンバー4人くらいで、

ずっとゲーム三昧の土日でした。

 

別に運動が嫌いなわけじゃなかったんですけどね。

でも、外で遊ぶのは少なかったかなと思います。

 

まあ、知らぬ間に引きこもり体質になってたんだと思いますね。

 

「外出るのだりー」

「家が1番落ち着けるし、最高やな笑」

 

そんなこと考えてる可愛くない小学生でした笑

 

まあこうやって家で遊ぶのも、

楽しくないわけじゃなかったんですけどね。

 

でも、なんか退屈な日常でした。

 

刺激がないというか、頑張れるものがないというか。

楽だけど、めちゃくちゃ面白くもない。

 

そんな毎日を過ごしていましたね。

 

そんな家に引きこもってばっかだった僕に、

転機が訪れます。

 

僕の友達の1人が急に、

「ソフトテニスをやろぜ!」って誘ってきたんです。

 

その友達は、さっき言った

よくいっしょに、休日ゲームしてたメンバーの1人です。

 

R君としておきましょう。

 

R君は地元のクラブで

ソフトテニスをやってたみたいでした。

 

R君がソフトテニスをやってるのは、

なんとなく知ってましたが、

まさか誘ってくるとは思わなかったです。

 

いっしょに遊んでても、

ソフトテニスのクラブの話は、

あまり聞いたことなかったんで。

 

まあ、引きこもり気味の僕は

あまり乗り気ではなかったです笑

 

でも、スポーツやってる人への憧れは、

当時もありました。

 

単純に”スポーツをやってる人はかっこいい”。

そんなイメージがある。

 

あとは、クラスの友達で

野球やサッカーやってる子が多かったんですよね。

 

それで、クラスで野球クラブに入ってるやつらは、

なんか仲良くしてるんですよ笑

 

休み時間に野球の話とかしてね。

 

だから、「スポーツやれば仲良い友達も増えるのかな~」

なんてのも思ってました笑

 

 

まあ、それでも最初誘われた時は、

「ちょっと断ろうかな」

って気持ちのが大きかったです。

 

怖かったんですよね、単純に。

 

いきなり知らない人が

たくさんいるクラブに入るなんて。

 

そういう知らない集団に飛び込む経験なんてないし。

 

知り合いは僕の友達1人だけ。

他の人は全員、赤の他人。

 

ついでに、僕は小学生にしては

かなりの引きこもり人間。

 

正直、そのクラブに馴染める自信が

全然ありませんでした。

 

仲良くなれなかったらどうしよう?

下手すぎたらバカにされうんじゃないか?

 

クソ怖がりのビビリ。

 

かなり小心者の小学生でしたね笑

 

 

まあ、でも結局、断りきれず、

R君に連れてかれて体験レッスンに行くことになります。

 

テニスコートにつくともちろん知らない人だらけ。

コーチもなんか厳つそうな人が多い。

 

怖い怖い怖い。

 

でも、後戻りは出来なかったんで、

練習に混ざりました。

 

練習内容はよく覚えてないけど、

まあ、素振りとか軽くボールを打ったりとかはしたと思います。

 

最初はクソ下手でしたね。

 

でも、やっぱ、スポーツして汗流すことは

気持ちよかった。

 

あと、友達のR君の知り合いの子とかとも、

喋ったりしました。

 

違う小学校の子です。

 

で、けっこう盛り上がったりしました。

 

テニスすること自体はそこそこ楽しいし、

ちょっと知り合いもできました。

 

「あれ?意外と楽しいかな?」

「また来てもいいかな?」

 

最初は怖かった僕も、

半日くらい練習したら、

楽しいって気持ちも大きくなってきました。

 

この日は僕がその後10年以上ソフトテニスを続けるなんて、

思ってもみなかったですが、

僕の人生を変えたであろう1日でした。

 

その日からは毎週、

このクラブに練習しにきました。

 

そしたら、ちょっとずつですが上達していきます。

 

ついでに、数ヶ月後には大会に出たりもした。

県大会で優勝するような子にボコボコにされました。

 

そこで初めてスポーツで負けて悔しいって気持ちになりました。

 

その後もずっとソフトテニスを続けることになります。

 

小学6年までクラブで続け、

中学、高校で部活に入り、

大学でサークルを始めて今に至ります。

 

ホントに10年間で

いろんな経験させてもらいましたね。

 

大会で優勝して、人生で1番級の嬉しい体験をしたり。

格下相手にボロ負けして、不甲斐なくて涙出てきたり。

中学最後の大会の決勝で負けて挫折しそうになったり。

高校時代に尊敬してた先輩が引退して泣きまくったり。

夏の合宿がキツすぎて過呼吸になったり。

 

まあ、書ききれないけど、

ホントにいろいろな思い出があります。

 

今思うと、まじで貴重な体験ができたなと思います。

 

ソフトテニスやってなかったら、

これらの体験を出来なかったわけですからね。

 

打ち込めるスポーツもない、

競い合った仲間もいない、

 

そんなつまらない学生時代を

送ってたかもしれません。

 

つまりあの日、

友達が誘いを断ってたら、

今の僕はありません。

 

体験レッスンに行くのも怖かった。

 

知らない人がたくさんいる場所は怖いです。

引きこもりの生活を変えるのも怖いです。

 

もう全てが怖い。

 

 

でも、ちょっと勇気を出して一歩踏み出したら、

別に大したことなかった。

 

全然怖くない。

むしろ、楽しい場所でした。

 

そして、結果的に、

かけがえのない体験をさせてもらいました。

 

まあ、異世界ってのは誰でも怖いんですよね。

 

知らない=怖い です。

 

でも、ちょっと勇気を振り絞れば、

異世界を体験できます。

 

そして、別に大したことないって気づきます。

 

さらに、ちょっとの勇気が、

人生を変えるくらいの経験をもたらしてくれます。

 

 

ついでに言えば、

ネットビジネスとの出会いも同じでした。

 

部活をやめて、勉強もやる必要がなくなり、

刺激のない大学生活を送ってた僕が出会ったのが、

ネットビジネスでした。

 

ネットビジネスも最初は怖かったですよ。

 

そりゃ、月に何百万円ってお金を、

自動で稼いでるって言われてもね。

 

「どうせ詐欺だろ。」

「うさんくすぎる。」

としか思えませんでした。

 

でも、少し勇気を出して、

このネットビジネスの世界に飛び込んでみたら、

全然怖いものなんかじゃなかった。

 

クソほど稼いでる人はたくさん見てきたし、

実際僕もそこまでとは言わないですが、

パソコン1台で収入を得ています。

 

新しい知識を入れたり、

実践するのも楽しい。

 

暇だった大学生活が、

何倍も濃くなりました。

 

ネットビジネスとの出会いについては、

僕のプロフィールでもっと詳しく書いてます。

元引きこもり大学生・SHUN(しゅん)プロフィール

 

 

やっぱ、ソフトテニスもネットビジネスも、

勇気を出して始めてみて良かったなと思います。

 

結局、知らない世界でも、

1歩入ってみれば、どうってことないですし。

 

これからも、怖い世界でも、

積極的に飛び込んで、

どんどん楽しい経験を積めるようにしたいですね。

 

というわけで、今回は、

異世界は怖いけど、

最初の一歩を勇気を出して踏み出そう

って話でした。

 

ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。