こんにちは、しゅんです。

 

やっと、大学のテストが終わって

春休みに突入しました。

 

とりあえず、忙しい期間が過ぎたので、

さっそく飲み会です。

 

小学校の友達と同窓会を、

鳥貴族でやりました。

 

超久しぶり再会した友達と、思い出話をして、

ワイワイできて楽しかったです。

 

小学校の頃の話とか、意外と覚えてるもんですね(^_^)

 

そして本題は、僕らが同窓会で使った鳥貴族

 

チェーン店の居酒屋では、

トップクラスの人気がありますが、

やはり、素晴らしい居酒屋だと実感。。。

 

僕がビジネスを始める前に、

ただのお客さんとして鳥貴族に来店した時は、

「安くて、雰囲気の良い店だな~」

くらいにしか思ってなかったです。

 

でも、今の僕のビジネス視点で見てみると、

「そりゃ、儲かるよな~」

というくらいすごい居酒屋だと感じました。

 

ということで鳥貴族のレビューを、

ビジネスとかマーケティング視点で、

書いていたいと思います。

 

ビジネスの基本は集客数×客単価

 

本題の鳥貴族の話をする前に、

ビジネスの基礎を話しておきます。

 

ビジネスの基本として、

売り上げ(利益)を増やすことが企業の第一目標です。

 

そして、どんなビジネスでも、

売り上げ=集客数×客単価 

が成り立ちます。

 

集客数というのは、単純なお客さんの数。

客単価は、お客さん一人当りの支払額です。

 

①お客さんを増やす

②お客さん1人あたりの支払い額を増やす

 

売り上げを増やすためには、

この2つを高めるしかありません。

 

で、鳥貴族はどうなのか?

 

結論から言えば、

鳥貴族の場合は、①、②のどちらも、

トップクラスに高いです。

 

人もたくさん集めてるし、

お客さんはたくさん注文するから、

客単価も高い。

 

ビジネス的に、とても完成されています。

 

では、なぜ鳥貴族が

こんなにうまくいっているのか?

 

僕が鳥貴族に行った体験をもとに

考えてみました。

 

鳥貴族はなぜ人気なのか?3つの理由

 

さて、鳥貴族はお客さんを増やすのと、

客単価を上げるのが、非常にうまいという話でした。

 

では、なぜそんなことが可能なのか?

 

僕はその理由を3つ見つけました。

 

1,価格設定がうまい

2,お通しがない

3,時間制限がない

 

1,価格設定

 

鳥貴族の価格設定は、

非常によくできています。

 

 

ご存じの通り鳥貴族は、

どの料理もお酒も、値段が全部同じです。

 

もともとは、全品280円(税抜き)

値上げした後は、298円(税抜き)です。

 

この値段を同じにするという戦略が、

客単価の引き上げに貢献しています。

 

飲食物の値段を同じにすると、

注文がめちゃくちゃ増えるからです。

 

 

実際、鳥貴族には、

たくさんの料理やお酒があります。

 

ビールだろうが、カシオレだろうが、

日本酒だろうが、焼き鳥だろうが、

釜飯だろうが、ポテトだろうが、

 

これらを、全部同じ金額で食べられます。

 

ここで重要なのは、

鳥貴族の”安さ”ではありません。

 

もちろん、

安くて美味しいのも人気の理由の1つですが、

そんな居酒屋は、他にもたくさんあります。

 

価格が同じだと、会計がしやすいとか、

そういう話でもありません。

 

では、価格が同じだと、

なぜ注文が多くなるのか?

 

それは、注文時に「迷い」がなくなるからです。

 

鳥貴族では、

値段に惑わされることなく、

自分の好きなものを食べたり、

飲んだりできます。

 

「このお店の日本酒は高いから、ビールにしとこうかな」

「唐揚げ高いから、枝豆で我慢するか」

普通の居酒屋だと、こんな思いをするかもしれません。

 

鳥貴族なら、値段を比べて、

高いものを我慢するなんてことはありません。

 

そこで、お客さんの満足度は高くなります。

 

さらに、迷いがないと、

注文のスピードも早くなります。

 

値段を気にしなくていいので、

次々に料理を頼めるわけです。

 

鳥貴族行ったことある人なら、わかるかもしれませんが、

飲み放題じゃないのにも関わらず、

みんなけっこう好き放題に注文しまくります。

実際、僕が先日、鳥貴族に行った時も、

みんな、バンバン料理を頼んでいました。

 

店員さんを呼ぶ→料理を頼む→店員さんが料理を持ってくる→次の料理・お酒をすぐ頼む→・・・・

 

この繰り返しでした(笑)

 

値段を見ずに、料理だけ見て、注文できるからこその、

このスピードです。

 

注文を多くすれば、客単価も上がるので、

売り上げも爆上げです。

 

 

実は、「価格が同じだと、商品を買ってもらいやすい」

というのは、心理学(行動経済学)からも、証明されています。

 

心理学的に、人は選択回避という性質をもっています。

 

人間は、選ぶという行為がめんどくさいんです。

 

「どれにしようかな~」

と迷っている時間を、鬱陶しく感じます。

 

「商品の種類が多すぎると、逆に買いたくなくなる」

「商品の種類を絞ると、逆に商品が売れる」

という話が有名ですね。

 

鳥貴族では、価格が同一なので、

何も考えず決断できて、

めっちゃ気楽に注文ができるわけです。

 

これは、完璧な選択回避です。

 

だからこそ、注文が増えて、

鳥貴族は高い”客単価”を実現しています。

 

2,お通しがない

 

鳥貴族は”お通し”というものが存在しません。

お通しがない店は、お客さんが集まりやすいです。

 

確かに、お通しがあると、客単価は上がります。

基本的には、お通しは断ることはできないですし、

断るとしても、気を使います。

だからほぼ確実に、1人当り、数百円程の利益が見込めます。

 

ですが、今の日本人は、

お通しにけっこう敏感です。

 

特に大学生は、お通しのあるなしで、

お店を選んだりもします。

 

だから、お通しがある店は、

それだけで、来るお客さんが減ってしまいがちです。

 

「ほんの少し飲みたいだけで、お通しはいらない」

「とにかく安くすませたい」

「美味しくないお通しは嫌い」

こんなふうに思っている人達は、けっこうたくさんいます。

 

そして逆に、お通しがない鳥貴族は、

「お通しが嫌いな層」をガッポリ集客できるわけです。

 

「普通の店なら、お通しをつけるけど、鳥貴族はつけない。」

このような”差別化”は、マーケティングでは、とても重要です。

 

 

この「普通の店なら〇〇だけど、うちのお店は〇〇」というような自社独自の特徴を、

マーケティングの用語でUSPと言います。

 

USPを簡単にいえば、『独自の売り』のことですね。

 

鳥貴族のUSPは、「お通しをつけない居酒屋」

という独自の売りになります。

 

こんなふうに、鳥貴族はお通しをつけないことで、

独自の強みをアピールすると同時に、

お通しが嫌いな層への集客をしているわけです。

 

席が区切られている

 

鳥貴族は全ての席が、

椅子になっていて、しっかり区切られています。

 

https://r.gnavi.co.jp/kf1cupfm0000/photo/interior/より引用

(写真撮るの忘れたから公式の写真)

 

席が区切られていると、

”居酒屋があまり好きでないお客さん”も集めることができます。

 

繁盛している居酒屋って、

「隣のグループの声がうるさくて、会話がしにくい」

ということがよくあります。

 

ですが、鳥貴族は席が区切られていることで、

たとえ満席でも、しっかり会話が届きます。

 

 

僕なんかは、声が低くて通りにくいので、

うるさいとこは好きじゃありません。

 

普通の居酒屋行っても、

友達とか店員さんに、

何言ってるのか、聞き取ってもらえなかったりします。

 

だから、少し萎縮しちゃって、

あまり楽しく話せなかったり、

お喋り自体が、めんどくさくなったりしちゃいます。

 

だから、鳥貴族のように席が区切られていると

すごい助かります。

 

後は、声があまり大きくない女の子とかにも

評判が良いですね。

このように、席が区切られているというだけで、

居酒屋が好きでない人たちを、

お客さんとして、集めることができます。

 

普通の居酒屋は、お酒好きな人や、

お喋りが大好きな人をターゲットにしているので、

鳥貴族は、ターゲットがライバルとかぶらないんですね。

 

 

まとめ

 

鳥貴族はビジネスとして、

ホントに、とても成功しています。

 

席を区切ったり、お通しをなしにして、

気軽に入店できるイメージを作ることで、

入店してくれるお客さんを増やす。

 

価格を統一することで、

お客さんの迷いをなくして、

たくさん注文してもらうことで、客単価を上げる。

 

さらに、料理もうまいし、

酒もそこそこしっかりしてて、何より安い、

最高の居酒屋ですね。

 

そりゃ、儲かりますわ。

 

鳥貴族は、お客の立場からしても、

ビジネスの視点から見ても、

素晴らしいお店でした。

 

次、居酒屋行く時もトリキかな。

 

おわり。

 

 

P.S.

 

僕のおすすめ料理は、

山芋の鉄板焼きです。

(写真を取るの忘れたから、公式の写真定期)

山芋がすごい癖になります。

まじで、1回食べ始めたら止まりません。

 

焼き鳥だったら、豚バラ串が好き。

 

 

まあ、焼き鳥は全部美味しいけどね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。