どうもこんにちは、しゅんです。

 

今回はですね、

ネットビジネスのレバレッジ

関連した話をしていきます。

 

レバレッジっていうのは、

少ない労力で大きな結果を生み出すための手法ですね。

 

インターネットを使ってビジネスをするうえで、

このレバレッジの話は欠かせません。

 

ネットビジネスは、レバレッジがかかるからこそ、

寝ててもお金が振り込まれる状態を作りやすい。

 

つまり、不労所得を手にしやすいんです。

 

だから、レバレッジを上手く使うことは、

ビジネスで成功して自由になるためには必須ですね。

 

 

このレバレッジをうまく使ってビジネスを成功させたのが、

天下の予備校、

東進ハイスクールです。

 

東進では、普通の予備校や塾のように、

講師が直接指導する授業はほとんどやっていません。

 

ほぼ全ての授業が映像です。

 

生徒は東進に行ったら、

パソコンの前でイヤホンしながら授業を聞くことになります。

 

だから、講師の人は授業は1回だけやって、

それを録画すればいいわけですね。

 

だから、普通の予備校講師のように、

何回も授業する必要がないんです。

 

1回授業したら、それをビデオにして終わり。

 

後は勝手にネットから授業聞いといてー

っていう状態。

 

レバレッジかかりまくり笑

 

講師の負担も少ないし、

人件費も当然かなり抑えられる。

 

でも生徒はパソコンで授業受けられるから、

教室の大きさとか関係なく、

大人数の生徒を受け入れられる。

 

めちゃくちゃ効率良いビジネスです。

 

 

あとこの映像授業って、生徒側にとっても、

嬉しい仕組みになっているんですよ。

 

つまり、生徒もレバレッジの恩恵を受けられる。

 

映像授業の良いところは、

全国的にも見ても、かなり優秀な先生の授業を

聞くことができることです。

 

しかも、パソコンからネットつなぐだけで、

めちゃくちゃ簡単にです。

 

実際僕も東進ハイスクール

高校時代通っていました。

 

そこで、あの有名な林修先生や、

その他超優秀な先生の授業を受けていたわけです。

 

林先生の授業とか、

まじで、めちゃくちゃわかりやすかったですね笑

 

たった1時間半の授業で、

自分の読解力がかなり上がります。

 

感動するレベル。

 

学校の先生とか

そこらへんの予備校の先生とかと比べたら、

段違いです。

 

実際僕も国立の二次の国語で、

そこそこ良い点数取って、

大学受かりましたが、

 

僕の国語力を支えてくれたのは、

林先生の授業といっても過言ではない。

 

それだけ、東進に雇われてる先生ってのは、

凄腕の人が多いです。

 

でも、そんな素晴らしい先生の授業を受けられたのも、

東進ハイスクールが映像配信の授業をしていたからなんですよ。

 

林先生の授業をリアルの場で聞くなんて、

まず無理ですからね。

 

たまに、普通の教室で授業することがあっても、

一瞬で数百人の生徒枠が埋まりますからね。

 

で、基本的に受けられるのは、

東大目指してるレベルの人達だけです。

 

選ばれし者しか授業を受けられないわけです。

 

僕なんかは無理ゲー笑

 

でも、東進では林先生の授業が映像に残っていて、

ネット上からアクセスできるようになってます。

 

これはもうめちゃくちゃ便利。

 

時と場所選ばずに授業受けられますからね。

 

だからこそ、僕は林先生の授業を、

気軽に受けることができるわけです。

 

 

林先生は1回授業撮ってしまえば、

他の時間は自由に使えて、時間増えまくる。

(普通の予備校講師は、授業を何十回、

 何百回もやって忙しくてしょうがない)

 

生徒はいつでもどこでも授業を受けられる。

 

だから、授業を映像としてネット上に残しておくことは、

講師側、生徒側に両方にとって、

嬉しい仕組みになっているわけです。

 

これがインターネットのレバレッジを使うことの素晴らしさ。

 

 

まあ、東進は大学受験という大きなビジネスで、

レバレッジを使い倒していますが、

 

個人でビジネスをやる場合でも、

レバレッジを使うことはもちろん大事。

 

というか、

レバレッジを使わないと

ネットビジネスやってる意味がない。

 

例えば、このブログの記事も、

もちろんレバレッジがかかってます。

 

今回の記事は、

東進ハイスクールのレバレッジについて話しました。

 

で、この文章をブログに残しておくことで、

誰でもこの記事にアクセスできるようにしておく。

 

そうすれば、何十人、何百人ってお客さんを相手にできます。

 

 

逆にレバレッジをかけずに、

情報発信するのはかんりめんどくさい。

 

新規のお客さんが来るたびに、

僕がこのレバレッジの話を何回でもすることになります。

 

こんなの僕が何人いても足りません笑

 

1回書いたらそれで終了。

 

「後は、勝手に読んどいて~」

っていう状態にしておく。

 

こうしておけば僕がかなり楽です。

 

そして、読者さんも、この記事をブログに残しておけば、

いつでも読めるし、何回でも読めます。

 

お互い幸せです。

 

 

さらに、レバレッジがかかっているコンテンツは

自分の資産になります。

 

つまりは、僕の代わりに、

コンテンツが働いてくれるようになる。

 

僕が寝てても、遊んでても、別の仕事をしてても、

ブログが勝手に読まれるようにする。

 

そうすれば、ブログから読者やファンが増えて、

勝手に収益が上がるようになる。

 

結果的に何もしなくても稼げるようになる。

 

つまりは不労所得ができる。

 

これがレバレッジの力です。

 

というわけで今回は、東進の例から、

ネットビジネスのレバレッジの重要性を話しました。

 

まじで、レバレッジを使える人と、

使えない人の格差は広がっていきますからね。

 

レバレッジ使えれば、

どんどん利益を増やせる。

 

逆にレバレッジ使えない人は、

一生労働するしかない。

 

ただ忙しくて大変な人生を進んでいくことになります。

 

だから、レバレッジがかかるビジネスを

ガンガンやっていきましょうということです。

 

具体的には、ネット上に資産を作っていきましょう。

 

ブログ、YouTube、メルマガ、

このあたりはわかりやすい資産になります。

 

というわけで今回は以上です。

 

ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。