この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

こんにちは、しゅんです。

 

今回は、

ネットビジネスやると就活にも活かせるよ

って話をしていきます。

 

就活が解禁してから、ここ4ヶ月ほどは、

ネットビジネスやりながら、就活をしてました。

 

で、今日無事内々定を頂き、

就活が終了しました。

 

まあ、といっても先々週くらいには、

内々定は2つほど出ていたんですけどね。

 

そこから1つに絞りまして、

今日はその決めた会社の内定者懇親会があっただけです。

 

内定者と社員さんで、

お酒飲んでワイワイしてきました笑

 

 

いやー、今振り返っても、

就活は大変でしたねー

 

毎日、人の多い都内へ電車で行くのもめっちゃ疲れるし、

面接で落とされてメンタルやられるし、

金もかかる、時間も失うでストレスたまる。

 

ほんと、無事終わって良かったなーと思います。

 

 

で、就活を終えて思ったのが、

「やっぱ、ネットビジネスやっといて良かったなー」

ってことです。

 

ネットビジネスかなり就活に活きたなー、と。

 

適当にあげるだけでも、

・面接で喋るネタにできる

・ビジネスやってるってだけでかなり興味を持ってもらえる

・普通の大学生との差別化ができる

・ビジネスの知識があると会社の業界の理解もしやすい

 

などなどたくさんの良い点があります。

 

そして何より1番大きいのが、ネットビジネスで、

コミュニケーションの能力が大きく上がったことです。

 

ネットビジネスって、

家にこもって作業してるだけに見えて、

意外とコミュ力上がるんですよ笑

 

このコミュ力の部分は、

ネットビジネスにかなり助けられました。

 

 

主に面接の時ですよね。

 

就活の面接だと限られた時間で、

相手に自分の言いたいことをしっかり伝えて、

さらに多少なりとも、興味を持ってもらわないといけないわけです。

 

これってけっこう難しいんですよ。

 

 

例えば、面接のコミュニケーションの失敗例として、

言いたいことがごっちゃごちゃになって、全く伝わらない

ってのがあります。

 

まあ、自己PRとかが顕著ですね。

 

PRしたいことが多すぎて、

わけがわからなくなるパターンです。

 

僕も就活初期の面接は、

このパターンをやってしまっていまして、

めちゃくちゃ話すの下手くそでした笑

 

ビジネスのことも話す。

バイトの塾講師のことも話す。

サークルのテニスのことも話す。

 

これらを同時に喋っても、

わけわかんねーわけです笑

 

面接官も一応聞いてはくれるけど、

全然、響いてないんですよね。

 

「結局、何をPRしたいのかなー」って顔で見てくる。

 

僕以外でも、グループ面接をしてて、

「この人の言ってることよくわからんな」っていうのは、

だいたいこのパターンですね。

 

いろんな話題を一度に喋りすぎて、

なんも頭に入ってこないわけです。

 

結局、僕は就活の途中で修正していって、

1つの受け答えで、1つのメッセージってのを意識しました。

 

そうすると、その話題から話が広がるようになったので、

格段に面接がしやすくなりましたね。

 

やっぱいろんな話題を浅く話すより、

1つのことを掘り下げたほうが、

面白くなりやすいです。

 

選考も通りやすくなったし、

直してって良かったなと思います。

 

というように、

面接で言いたいを1つに絞れなくて、わかりにくくなるっていう、

ありがちな例でした。

 

そして、実際は面接する時に気をつけることは、

これ以外にも、たくさんあります。

 

だから、面接はけっこう難しく思えちゃう。

あれも気をつけて、これも気をつけて、話す内容も覚えて。

 

「あー!やること多すぎるー!」って、

面接に苦手意識がでてきます

 

これを克服するには慣れてくしかないし、

普段、そう簡単に鍛えられるものでもない。

 

 

でも、なんと、このような

ネットビジネスやってると、

面接で使う”伝える力”みたいなのが身についてくるんですよ。

 

 

例えば、ブログなんてまさにそれです。

 

ブログがうまくなると、

当然のように面接もうまくなります。

 

ブログってのは、ある程度限られた文字数で文章を書き、

読者さんに面白いと思ってもらわなきゃいけないですからね。

 

限られた時間で、面接官に興味を持ってもらう、

就活の面接と似てます。

 

 

例えば、さっき面接の失敗例で、

”いろんなことを言いすぎて、わかりにくくなる”って話をしましたが、

ブログも同じです。

 

言いたいことが絞れてない記事は、

ちょーーーわかりにくいです。

 

逆に、1つの記事に1つの話なら、

読んでる人の記憶に残るし、理解もしやすい。

 

例えば、この記事も、

「ネットビジネスは就活にめっちゃ活かせるよ!」っていう

たった1つの話を中心にしています。

 

もちろん、言いたいことはたくさんあるんですよ。

なんだかんだ、就活4ヶ月ほどやってきましたからね。

 

例えば、ざっと上げても、

・日本の就活がどんだけクソか

・僕がどんな企業を受けたか?

・選考で通るための面接のコツ

・今日の内定者懇親会の楽しい内容

・就活期間の生活スケジュールについて

 

でも、これらを記事に容赦なく盛り込んだら、

99%読まれなくなります。

 

が言いたいかわからないし、

文字数エグいことになるし。

 

だから、この記事では話さないわけです。

 

まあ、上の例は、YouTubeでは話すかもしれないんで、

良かったら確認してみてください。

しゅんのYouTubeチャンネル

 

こんなふうに、ブログにも効果的な書き方ってものがあるわけです。

 

今回は、1記事1メッセージが良いって話をしましたが、

他にも気をつける点はたくさんあります。

 

たくさんありますが、

結局、ブログの書き方を勉強する目的は、

 

相手にわかりやすく言いたいことを伝える

相手に面白いと思ってもらう(興味を持ってもらう

これだけです。

 

この2点は、面接だろうが、

ブログだろうがいっしょです。

 

だから、ブログなどの情報発信をしていけば、

自然に面接も上手くなるわけです。

 

 

というわけで今回は、

ネットビジネスは就活に活かせるよって話をしました。

 

今思うと、ホントに僕は

ネットビジネス始めて良かったなと思います。

 

ビジネスやる前の自分はクソすぎましたから。

 

毎日、家でダラダラして、

寝て、ゲームして、ネットサーフィンして、寝るっていうね。

 

ただのニートみたいな引きこもりの大学生でした。

 

なんにもやる気起きないし、

バイト行くのすら、

かなりの気力を振り絞ってました。

 

「俺このままじゃ、将来働けねーな」と、

普通に社会人として働くのすら不安でしたよ。

 

さらに、コミュ障だったこともあって、

面接なんて絶対通らない自信がありましたし。

 

「就活失敗したらどうしよう」とか考えながら、

モヤモヤした日々を過ごしていました。

 

 

でも、結果的に今は内定を取れています。

 

この結果が得られたのも、

ネットビジネス始めて少しでも自分が成長できたからかなと思います。

 

もちろん、就活のために、

ネットビジネスをやってきたわけじゃないですが、

1つ自信にはなりました。

 

 

まあ、とはいえ、会社に縛られず生きたいってのが、

ネットビジネスをする1つの目標ではあるので、

 

ビジネスの勉強×実践を頑張って、

これからもガンガン成長していきたいと思います。

 

というわけで今回は以上です。

ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。