この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

こんにちはSHUNです。

 

今回は、

僕がネットビジネスを本気で始めるきっかけ

となったお話です。

 

去年の夏、僕は1週間ほどのインターンシップに参加しました。

 

僕はバリバリ文系ですが、

行ったのはIT系の企業です。

(文理問わずの募集だった)

 

誰もが知っている大企業の

グループ会社に行きました。

 

当時僕は、典型的な怠惰な大学生を送っていました。

夜遅くまで、ゲームして(この時はスプラトゥーンにハマってた)

昼過ぎに起きる。

そんでまたグダグダして、遅くに寝る。みたいな。

夏休みだったし。

 

そんな僕が、重たい身体を起こして、

インターンに行くという、

意識高いっぽい行動をしました。

 

行った結果、

まあ、つまらなくはなかったですが、

僕は社会人として、会社に勤めたくはないな。

 

と思い続けた1週間でした。

 

その理由は、

 

①面白くない

②夢がない

③きつい

 

なぜ、僕がこんな思いを抱いてしまったのか。

 

詳しく書いていこうと思います。

 

インターンシップの概要

 

僕が行ったインターンシップは、

IT業界の企業です。

 

BtoB(他の会社をお客さんにする会社)で、

他の会社のシステムや、機械の管理をしいるところです。

 

その会社の業務の体験が

主なインターンシップの内容でした。

 

申し込んだ時は、気にしてなかったけど、

家からけっこう遠い。

 

1時間半くらい電車に揺られます。

朝は6時起き、帰りは8時過ぎくらい。

 

この通勤が後々、ネックになってきます。

 

 

1日目 まだ、楽しめた初日

 

とりあえず、

顔合わせ+会社の説明

 

毎日グループワークをすると聞かされる。

 

僕と同じグループには、

・コミュ力MAXで頭も良いやつ

・勉強はできそうだけど、話すのは苦手なやつ

・可愛い感じの女の子

 

などがいました。

 

明らかに、みんな僕よりは、やる気ありそう。

 

でも、まあ普段意識の低い僕でも、

「これから一週間頑張っていこう!」

って気持ちはありました。

 

グループの人と話してると、普通に楽しいし、

社員の人も

「このインターンで自分を成長させようぜ!」

みたいな感じでめっちゃ煽ってくるし。

 

残り4日間楽しみだなと思ってました。

 

初日はね。

 

2日目 通勤が地獄

実は初日は、午後からだったので、

2日目が初の早起き。

 

しっかり6時に起きましたよ。

 

普段夏休みベッドを出るのが、

午後2時くらいの自分にとって、

8時間の時差。

 

「早起きってこんなきつかったっけ?」

 

半分寝ながら歯磨きして、朝飯食う。

 

普段着ないから、

スーツを着るのがとてもめんどくさい。

 

のんびりもしてられないので、

とりあえず、家を出る。

 

そして、予想はしてたが、

やっぱり満員電車に押しつぶされる。

 

残念ながら僕には

禿げたおっさんと体を接触させる趣味はない。

 

眠たい身体には最悪の仕打ち。

 

社会人は毎日こんなことてるのかと痛感。

 

しょうがないから、イヤホンからは、

乃木坂の曲を流して耳から癒される。

 

乃木坂ちゃんの力を借りながら、

1時間半かけて、やっと会社までたどり着きました。

 

2日目はの内容は、ペアで作業。

 

パソコンの修理とか点検の体験。

 

パソコンの中身を開けてみたり、

マウスポチポチしながら、

セキュリティのチェックとか。

 

作業自体はつまんなかったけど、

ペアの人とワイワイやってたので、

普通に楽しかった。

 

まあ、この仕事に就きたいとは、

思わなかったけどね。

(業務自体は面白くなかった)

 

帰りも全く座れずに、

1時間半電車に揺られる。

 

帰った時には、もう疲労こんぱい笑

 

帰ってもまじで、何もできない

スプラトゥーンする気も起きないw

 

明日起きるのが嫌だなと思いつつ、

倒れるように寝ました。

 

社会人の厳しさの片鱗を見た2日目でした。

 

3日目 より、つらさが増す朝

 

3日目の朝は、2日目朝より数段きつい。

 

前日の疲労と睡眠不足が重なって、

ギリギリの時間に起きる始末。

 

そして、毎度の満員電車。

 

やっぱ2日続くと、かなり精神にきます。

 

 

3日目の業務は、

5人でのグループワーク。

 

頭は良さそうだけど、

喋るのが苦手な人達が集まった感じ。

 

内容は、

お客さんの会社のシステムに問題が起こって、

それの解決方法をグループで考えるというもの。

 

お客さんに、

どんなトラブルが起こったかヒアリング。

 

ヒアリング内容から、話し合って、

問題の原因をつきとめる。

 

この繰り返し。

 

 

グループの話し合いは苦労したけど、

なんとなくのものがまとまって、

とりあえず終了。

 

明日はまとまった内容を

プレゼンするらしいです。

 

 

4日目 この仕事に夢はあるのか?

 

4日目の朝のつらさは、言わずもがな。

 

会社に着いたらグループで発表。

可もなく不可もなくという感じ。

 

3日目、4日目で言えることは、

グループで話し合うのは、楽しいけど、

この業務の何が面白いんだろう?

と思ってしまった。

(2日目と同じ感想w)

 

 

社員さんにも、

「この会社で働いてみて、良かったこと」とかを聞いてみましたが、

 

「お客様相手の仕事は、やりがいがある」

みたいな、回答。

 

まあ、わからんでもないけど、

夢がなくねーか?感じました。

 

お客さんに喜んでもらえるのが、

嬉しいのはわかるけど、

 

  • それで、自分はどこへ向かうのか?
  • この仕事をして、自分の夢は見つかるのか?
  • 夢は実現できるのか?

 

会社で社員として働いている以上、

基本的には上から指示されたことを、

しっかりやるのが基本です。

 

それでは、自分のやりたいことをやることは、

出来ないのではないかと、

社員さんを見て、業務を体験してみて思いました。

 

5日目 地獄の日々が終わる

 

4日間までの疲労がたまり、

5日目の朝は相変わらずきつい。

 

そして、

このつらさに、若干慣れてきてる自分が怖い。

 

会社行ったら、みんなも

けっこう疲れた顔をしてました。

 

 

5日目はサービスについて考えるという謎の内容。

 

「お客さんにサービスをすると、こんなに気持ちいい!」

「与え続ける精神が大切」

「サービスに利益は関係ない!」

 

みたいなちょっと洗脳されそうな内容を

教えてもらいました笑

 

僕もまあ、サービス精神は大事だと思いますよ。

 

相手のことを考えて、

相手のためになる行動をする。

 

でも、僕は相手のことを考えるより、まずは「自分」だろと考えています。

 

相手の気持ちを考えて行動するより、

まずは自分が何をやりたいかだろ!ってこと。

 

これは、別に自己中とか、

汚い話とかそういうんではなくて、

 

自分が幸せじゃなきゃ、

相手を幸せにできんないんじゃね?

 

という僕の考えに基づくもの。

 

 

相手のことを考えるより、

自分のやりたいことを優先させたいと思ってしまいました。

 

 

まあ、5日目の内容はあまり僕には共感できなかった

ということです。

 

最後の業務が終わったら、

何人かで、飯食ったり、飲みに行ったりしました。

 

仕事の後酒飲むのは、いいですね、マジで笑    

 

まとめ

 

結局、インターン終わって思ったのは、

 

最初に言ったように社会人って、

①面白くない

②夢がない

③きつい

っていうこと。

 

 

①面白くない

みんなで話すのは楽しいんだけど、

仕事自体は面白いものが無かった。

 

まあ、これは業種にもよると思うけど、

人の下で働くと、面白さは限界がある気がしてしまった。

 

だって自分のやりたいことできないんだもん。

 

②夢がない

これも結局、

社会人って「自分」っていう視点が欠けてる感じがした。

 

結局言われたことをやり続けるだけ?

 

自分のやりたいことは何か?

自分はどうなりたいのか?

 

それは、会社で働いて実現できるのかな?と。

 

もらえる給料も固定だしね。

大金持ちにはなれないし、夢に欠けます。

 

 

③きつい

いろいろ書いてきたけど、

これが1番の理由。

 

毎日早起きして、満員電車乗っての繰り返し。

夜もなかなか遊べない。

 

これに慣れてる、日本の社会人ってヤベーんじゃねーかと思う。

(同時に凄いとも思うけど)

 

僕の場合、1週間のインターンだったけど、

それが何年、何十年と続くと思ったら、

地獄しか見えない。

 

しかも、毎日同じようなことの繰り返し。

 

なんか、人間的じゃねーなと思う。

 

結論

僕は、インターンを始める前から、

ネットビジネスをちょこちょこやってたました。

 

そして、インターンに参加して、

ますますネットビジネスの魅力に気づきましたね。

 

自分のやりたいことできるから面白いし、

金を稼いで、自由になるっていう夢もある。

早起きしなくていいし、満員電車乗らなくていい。

 

 

もちろん、勉強は必要だけどね

 

でも、その勉強はお金に直接変わってくれる。

 

僕はまだ、この時期で就活始めてないけど、

今は、ネットビジネス楽しいから、

就活は手につかないかも。

 

とりあえず、ネットビジネス学んで、

自分の成長に全力注ぎます。

 

そんで、

「自由を手に入れる」っていう、

自分の夢を叶えたい。

 

これ読んでるあなたも、

人生において、仕事ってとても大切だと思うから、

就職って選択肢だけに縛られず、

いろんな世界を知ってほしいと思います。

 

ネットビジネスを含めてね。

 

おわり。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。