こんにちは、しゅんです。

 

今回は、“これから生き残るのは、厳しいんじゃないかな”と思う

会社について話していきます。

 

まあ、最近よく話題になりますよね。

潰れる企業生き残る企業とかって。

 

僕の考え(というかほぼ一般論だけど)だと、

大企業、特に製造業は、

”これからどんどん厳しくなってくる”と思われます。

 

例えば、機械の大量生産を行う会社ですねー。

 

具体的な会社名を出すと、

東芝、ソニー、パナソニック、などなどです。

 

まあ、お家にある、電化製品を作ってる会社とかを,

想像してもらえればいいと思います。

 

なぜ、製造業が生き残らないと思うのか?

 

なぜ、製造業が生き残らないのか?

 

理由はたくさんありますが、

1番の理由は、

今は多様性の時代になってきたということです。

 

多様性っていうのは、

人の好みが、みんなそれぞれ違うものになっているってこと。

 

人の好みがバラバラだと、

同じものばっか作ってる製造業は勝てません。

 

 

逆に昔の日本の製造業は最強でした。

昔は、人によって好みがほとんど、変わらなかったからです。

 

戦後とかを想像してみればわかります。

 

戦後って、三種の神器(白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫)が売れてましたよね。

みんな、これら3つの製品だけを求めていたんです。

 

第二次大戦後、日本人は何も物がなかったんです。

食べ物もない。家もない。家具もない。

当然、機電化製品もない。

 

だから、みんな同じように、

日常生活に必要な物を求めました。

 

三種の神器は、普通の生活するのに、

ほぼ必要なものですよね?

 

だから、戦後は人は、みんな同じようなものを欲しがり、

それらを、効率的に大量生産できる製造業が儲かりました。

 

 

でも、今は違います。

 

物がものすごくあふれています。

 

生きる上で必要な物は、

全部、そろちゃってるんですよね。

 

だって、今の時代テレビやら洗濯機やら、冷蔵庫を持っていない家庭ってほとんどないでしょう。

どんなに貧乏でも、です。

 

じゃあ、「現代の日本人は何にお金を使うのか?」というと、

自分の好きなことにお金を使うわけですね。

 

僕だったら、ゲーム買ったり、漫画買ったり、飲み会代にお金を使ったり。

 

洗濯機や、冷蔵庫と違い、

別に、ゲームがなくても、僕は普通に生活できます。

 

でも、生活に必要なものはだいたいそろってるから、

ゲームにお金を使うわけです。

 

そして、ここで重要なのは、

人によって必要なものはだいたい同じだけど、

欲しいものは全然違う

ということです。

 

もし、家に洗濯機がなかったとしましょう。

 

そうしたら、誰でも洗濯機を買と思います。

洗濯機ないと、服洗えませんから。

服洗えないと超不便です。

 

でも、もし家にニンテンドースイッチがなかったらどうでしょう?

 

僕は、スイッチにやりたいゲームがあるんで、買います。

でも、ゲームが別に好きじゃない女の子とかは買わないでしょう。

ゲームが好きでも、スイッチに好みのソフトない人は、買わないかもしれません。

 

生きる上で必要なもの=みんなだいたい同じ

生きてく+αで欲しいもの=人によって違う

 

この式が成り立つわけですね。

 

 

長くなったので、まとめてみると、

 

昔は、生きる上で必要なものがなかった。

みんな同じような物を欲しがった。

(洗濯機、冷蔵庫などの生活必需品)

同じものを大量生産する製造業が儲かった。

 

反対に、

現代は、生きる上で必要なものがそろっている。

みんな欲しいものがそれぞれ違う。

(多様性の時代)

同じものを大量生産しても、売れない。

(製造業は儲からない)

 

こんな感じですね。

 

だから、まあ、現代のような多様性の時代だと、

製造業は儲からないというわけです。

 

 

では、どんな企業が生き残るのか?

 

製造業は、多様性の時代だから、

生き残らない、儲からないと言いました。

 

じゃあ、どんな企業が生き残るか?

 

もちろん、多様性の時代に合わせた企業です。

つまり、1人1人の好みに合った商品やサービスを提供できる企業ですね。

 

これは、大企業はなかなかできません。

だから、小さく事業をできるところが有利になってきます。

 

例えば、僕のように個人で活動している人。

 

個人で活動して、儲かっている人の有名人は、YouTuberですかね。

 

年収、数千万単位の人が平気でいます。

 

YouTuberという稼ぎ方がでてきたのは、

もろに、多様性の時代の影響を受けてますね。

 

だって、正直、YouTuberって見てて単純に

「つまんねーな」って人も多いじゃないですか?(笑)

 

でも、好きな人もいるわけですね。

 

別に日本人全員が面白いと思わなくても、

数万人とか、数十万人のファンがいれば、

余裕で食っていけちゃうわけです。

 

まあ、企業の話じゃなくなっちゃいましたが、(笑)

 

とにかく、”小さい単位で事業をできる企業”が、

これから残っていくと僕は思いますし、

 

実際、YouTuberのように、

個人単位で成功してる人達は増えています。

 

まあ、だから僕は就職するより、

自分でビジネスするのをすすめています。

 

多様性の時代になり、

個人が稼げるようになる時代になってきたからです。

 

逆に、会社勤めてても、何の安心感もありません。

 

いつ潰れるか?

いつ人員の削減をするか?

わかったもんじゃありませんから。

 

まあ、第三次世界大戦でも起きて、

日本が焼け野原になれば、

また、製造業が儲かる日もくるかもしれませんが。

 

そんな未来を想定しててもしょうがないので、

僕は時代の流れにそった、行動をしていこうと思います。

 

おわり。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。