こんにちは、SHUNです。

 

今回は、僕の固定観念を破壊してくれた、

あるネットビジネス起業家の話です。

 

当時僕は、YouTubeに動画を上げて、

月数万円程の利益をあげていました。

 

「ネットだけで稼げる、俺すげ〜」

みたいな感じで、自惚れていた頃だと思います。

 

すげえ男に遭遇する

ある日、

僕がネットビジネスに関する情報を、

YouTubeで集めていました。

 

そこで、

あるネットビジネス起業家の方を見つけました。

 

Nさんとしておきましょう。

 

Nさんの動画では、自身の経験を元に、

ネットビジネスの稼げる仕組みを解説していました。

 

その人の経歴がとにかくすごい。

 

・毎日何もしなくても、日給10万は切らない

・ネットビジネス始めて数ヶ月で、月収100万円

半年で、月収500万以上

・一度セミリタイアしつつも、もう一度ビジネスを始め、会社をいくつも経営。

 

世の中には、死ぬほど稼いでる人が、

存在するんだなと思いました。

 

しかも、稼ぐだけじゃなく、

プライベートも超充実してそうです。

いろんなとこへ旅行したり、

美味しいものもたくさん食べてるらしい。

 

でもそんな人の話は、レベルの高くて、

理解できないんじゃないかと、

思われるかもしれません。

 

しかし、Nさんが出している動画は、

異常にわかりやすく、面白いんです。

 

そんで、月収何百万なんて、

当たり前かのように話してくる。

 

そして、絶対的な知識と経験に裏付けされた、

自信が伝わってきます。

 

一瞬でNさんのファンになりました。

 

 

 

正直、月数万円で満足していた自分が恥ずかしい。

 

僕が作業しながら、YouTubeに動画をアップして、ちまちまお金を稼いでいる間に、

この人は、何もしないで僕の100倍以上のお金を稼いでいるのです。

 

悔しいし、世の中はこんなにも格差があるんだと実感しました。

 

やっぱり、知らない世界を見るのは面白い

 

僕は、ネットビジネスはお小遣い稼ぎ程度で、

就活して、社会人として働く世界が、普通だと思っていました。

 

でも、そんなつまらない生き方をしようとしてた、僕の世界にNさんが入ってきました。

そして価値観をぶっ壊して、新しい世界を僕に見せてくれたのです。

 

そして僕には、

Nさんみたいにネットビジネスの世界で稼ぎまくる!

という夢ができました。

 

そして、僕は、Nさんの動画を見まくって、

思考や行動を真似ていきました。

 

・ネットビジネスは勉強が超大事

・仕組みを作ることに全力を注ぐ

・本質的な思考を鍛えろ!

 

言ってる通りにやっていきました。

 

お金も時間も投資しまくりです。

お金は既に40万以上使っているし、

暇な時は、常にネットビジネスのことを考えようとしています。

 

 

そうしているうちに、

月収は、5万、7万、と伸びていき、

現在は、月10万程の利益が出ています。

 

ぼくは、Nさんに比べてまだまだです。

それはまだ僕の勉強不足、実践不足なのでしょう。

 

でも、やればできるという実感を手にできました。

 

 

 

僕がやってきたのは、成功している人を真似てるだけです。

 

やはり、素直に学んで、

思考をパクりまくるのが1番コスパ良いです。

 

これを知らなかったら、

ぼくは成長できていません。

 

Nさんとの出会いに感謝して、

Nさんをパクりながら、

また仕組みを作っていきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。