こんにちは、しゅんです。

 

今回は、「アフィリエイト」について扱います。

 

ネットビジネスをやっていると、

アフィリエイトという言葉をよく目にすると思いますが、

 

アフィリエイトの意味を

しっかり理解できてない人って多いんですよ。

 

「知っているつもり」の人ばかりです。

 

初心者の方はもちろん、

けっこうネットビジネスをやってる人も、

よくわかってなかったりします。

 

「アフィリエイトは稼げない」って言う人いますが、

そういう人はだいたい、アフィリエイトの意味をわかっていません。

 

 

言葉の意味もわからずやってるんだから、

なかなか稼げるはずはありませんよね。

 

逆にアフィリエイトの本質さえつかめれば、

いろんなネットビジネスに応用できます。

 

アフィリエイトって結局なんなの?

 

じゃあ、アフィリエイトって何?って話なんですが、

 

「アフィリエイトを一言で説明して」ともし僕が言われたら、

「他人の商品を販売すること」って答えます。

 

他人の商品を売ることで、商品を作っている会社から、

紹介料みたいなものがもらえます。

これがアフィリエイトの稼ぎ方です。

 

 

例えば、僕がパソコンを買って、友達にそのパソコンを紹介した。

友達は気に入って、そのパソコンを買ってくれた。

そうすると、パソコンを作ってる会社から、紹介料として、

僕に一定割合のお金が振り込まれる。

 

これは完全なアフィリエイトです。

 

ビジネスでは、商品やサービスがあって、

それをお客さんに売ることで、商売が成立します。

 

ビジネスでは、「商品を作る人」と、「商品を売る人」がいます。

商品を作る人は、想像できると思います。

 

では、誰が売るかと言えば、

普通は商品を作った人や、その会社がそのまま売るのを想像するでしょう。

 

 

例えば、ラーメン屋は、

ラーメンを作って、ラーメンを作った人がそのまま、ラーメンを提供します。

 

ユニクロとかのアパレルショップもそうですね。

ユニクロやユニクロと契約した工場が服を作って、

それをユニクロの本店舗で販売しています。

 

これは、「自分の商品を販売している」のでアフィリエイトではありません。

 

リアル店舗では、アフィリエイトしているとこは少ないですね。

 

じゃあ、アフィリエイトをしている(つまり、他人の商品を販売している)

有名な会社とかサイトは思いつきますか?

 

例えば、ゲームや家電を買う時に1番目にするあのサイト。

 

そうです、「価格.com」です

価格.comは明らかに、「他人の商品を販売」していますよね?

価格.comがパソコンとか、ゲームを作っているわけではありません。

作っている会社とは何の関係もない会社です。

 

でも、価格.comは商品の価格を比較して、

安い会社順に並べることで、お客さんが買い物をしやすくする。

 

そういう価値を届けることで、

商品を作っている会社から、お金を取って、利益を得ています。

 

けっこうアフィリエイトは身近にあるわけです。

 

広告を出すこともアフィリエイトの1つ

 

アフィリエイトは「他人の商品を販売すること」でした。

 

それをもう少し範囲を広げて考えれば、

「他人の商品を宣伝すること」もアフィリエイトです。

いわゆる「広告」の意味合いが強いかな。

 

広告としてのアフィリエイトで1番今熱いのが、YouTuber”ですね。

YouTuberは立派なアフィリエイトです。

 

YouTuberは面白かったり、役に立つ動画をアップすることで、

お客さんを集めることができます。

お客さんを集めたら、YouTubeの広告を流して、そこから収入を得ます。

 

動画と広告の商品は全く関係のないものですが、

広告が流れれば、お金はもらえるわけです。

 

まさに、宣伝ですね。テレビCMなどと同じです。

 

YouTuber以外だったら、

2ちゃんのまとめサイトも宣伝の割合が強いです。

まとめサイトってだいたい広告が貼ってありますよね。

あれもアフィリエイトです。

 

こんなふうに、

「他人の商品を販売したり、宣伝する」のがアフィリエイトです。

 

アフィリエイトは怪しい?

 

アフィリエイトはいまだに、

怪しいものとして、冷たくあしらわれることがあります。

「アフィカス」などとも呼ばれていますね。

 

実際には、アフィリエイトあくまで、

商品を売るための手段です。

 

さっきも言ったように、

「他人の商品を販売したり、宣伝すること」

それ以上でもそれ以下でもありませんので、

怪しいもクソもありません。

 

多分怪しいと言われるのは、

 

・他人の悪質な商品を販売する

(詐欺の教材とかを他人に勧める等)

・他人の商品を悪質な方法で販売する

(ダイエット商品の嘘のレビューをして紹介する等)

 

こういう人達が一定数いるからでしょう。

 

こんなクズみたいな人達のせいで、

「アフィリエイト」という言葉が1人歩きして、

怪しいというレッテルを貼られています。

 

もし、アフィリエイトをやる場合は、

悪質な手法には手を出さないようにすることが重要です。

 

僕がおすすめしているのは、

ブログやメルマガを使い、そこにアフィリエイトの手法を導入したものです。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングと言われます。

 

立派なマーケティング手法の1つで、グレーなことは一切やりません。

興味があったら、調べてみて下さい。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。