どうもこんにちはしゅんです。

 

今回は、寝たらやる気は吹っ飛ぶ

という話をしていきます。

 

この考え方は、

モチベを維持する上で超重要です。

 

知らないと、まじで時間を無駄にするし、

やるべきことが全く終わらなくなります。

 

まあ、例えば、

勉強しなくちゃいけない。

本を読まないといけない。

ブログ書かないといけない。

 

でも、なんとなく眠いから

とりあえず寝てからやろう。

 

なんかやる気が出ないから

一旦寝て体力回復してからやろう。

 

これは最悪ってことです。

 

まあ、最初にも言いましたが、

寝たらやる気なんて吹っ飛ぶんですよ。

 

寝起きですぐに、

作業に取りかかれる人なんてほとんどいない。

 

寝起きは誰でも眠いんです。

寝起きはやる気が起きねーんです。

1回寝たら、二度寝をしちゃうんです。

 

だから、1回寝たらやる気なんてだだ下がり。

 

モチベは0に戻ります。

 

じゃあ、どうすれば、

モチベを維持できるのか?

 

まず、大事なのは、

寝たらやる気が吹っ飛ぶということを、

知っておくこと。自覚しておくこと。

 

実際僕は、この自覚がなかったから、

失敗したことが山程あります。

 

高校時代のテスト期間とかね。

 

明日テストがある。

 

で、今は前日の夜9時頃。

 

テスト勉強で忙しいのもあって、

すでに少し眠い。

 

まあ、とりあえず、仮眠とって、

2時くらいから勉強再開しよう。

 

結果、夜2時になんて起きれない。

 

二度寝、三度寝を繰り返して、

気づいたら明け方になっているみたいなね。

 

で、朝起きたら起きたで、めちゃくちゃ眠い。

勉強のやる気なんて出ない。

 

だから、勉強しないまま、学校へ行って、

テストは大爆死。

 

これは、僕のお決まりのパターンでした笑

 

 

寝て起きたら、眠気が収まって、

やる気が高まっているだろうと、

謎の期待をしてたんですよね。

 

ほぼ現実逃避で寝てたかんじです。

 

まあ、大学生になって学んだ今は、

上記のような睡眠のとり方はしません。

 

例えテストの前日に眠かったとしても、

本当に眠くなるギリギリまで勉強して、

倒れるように寝て、頑張って起きる。

 

昼間の時間の本当に眠い時間に昼寝を取って、

夜は徹夜して寝ずに勉強する。

 

こんなパターンでやりますね。

 

 

一応、念のために言っておくと、

もちろん、単純に寝るのがダメって言ってるわけではありません。

 

睡眠時間を削ったほうが良いって言ってるわけでもないです。

 

本当に眠い時は、絶対寝るべしです。

でも、なんとなく眠いくらいの眠さで寝る。

 

つまり、そこまで眠くないのに寝ること。

いわゆる惰眠。

 

これがダメだったことです。

 

実際この記事書いてる今も、

うっすら眠いです。

 

今日は、朝7時起きくらいで、

会社のインターン、健康診断、ゼミとか、

1日中動いてました。

 

で、記事書いてるのが、夜の0時半頃。

普通に考えたら寝たい。

でも、今書いてます。

 

明日の朝っぱらから

記事書くという選択肢もあるんですけどね。

 

それはしません。

 

寝たらやる気は吹っ飛ぶというのを知ってるからです。

 

で、今は記事を書くモチベが、なんとなく上がっているので、

それを無駄にはしたくない。

 

寝たらこのモチベは0にリセットされます。

それは怖い。

 

だから、夜遅くに書いてます。

本気で眠くなる前に書き終わりそうなので良かったです。

 

ということで、

今回は寝たらやる気が吹っ飛ぶ。

 

だから、惰眠をせずに、モチベを保っていこう

というお話でした。

 

おわりです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。