どうもこんにちは、しゅんです。

 

今回はですね、僕の中学生の頃の体験談から、

選択と集中の話をしていきたいと思います。

 

選択と集中っていうのは、

他の選択肢を捨てて、1つのことを選択して、

それだけに集中することで、

その分野で圧倒的に成長できるという考え方です。

 

まあ、簡単に言えば、

”1つのことに集中して取り組もう”ってこと。

 

この選択と集中ができると、

勉強や仕事をめちゃくちゃ効率的にこなせるようになります。

 

例えば、学校のテスト期間が

わかりやすいですね。

 

テスト期間って、

普通、部活とか、遊びをほぼ捨てて、

勉強にだけ集中します。

 

1つのことに集中できると、

当然、学習効率は格段に良くなる。

 

だから、普段ろくに勉強してない人でも、

短期間でがっつりやれば、

そこそこテストの点数は取れちゃうわけですね。

 

これはまさに選択と集中の例です。

 

 

では、本題に戻りまして、

僕が中学時代の話をしていきましょう。

 

僕は、中学生の頃、選択と集中をして、

ある分野で圧倒的に成長しました。

 

その分野とは、ゲームの

モンハン(モンスターハンター)です。

 

モンハンっていうのは、

その名の通り、モンスターをいろんな武器を使って、

狩っていくゲームです。

 

モンスターを倒す時の爽快感が素晴らくて、

1人はもちろん、4人以内で協力プレイもできるという、

素晴らしいシステムでした。

 

だから、僕が中学生の頃、

爆発的に流行ったんですよね。

 

まじで、同級生男子の

2人に1人は持っていました。

 

だから、放課後、学校が休みの日など、

空いた時間があれば、

クラスの友達どうしで集まってモンハンしてました。

 

 

でまあ、僕もその流行にもれることなく、

モンハンを買ったんですね。

 

でも、正直僕は、

モンハンがド下手だった。

 

というのも、あんまりモンハンを練習する時間がなかったんですよね。

 

僕は中学生の頃、

かなり忙しい生活を送ってたんで。

 

毎日、部活でテニスをガンガンやって、

週4ぐらいで塾がある。

 

勉強と部活の毎日。

 

まあ、僕の中学生の話は、

プロフィールレポートを読んでもらうとして、

しゅんのプロフィールレポート

 

とりあえず、クラスの友達と比べて、

モンハンのプレイ時間が圧倒的に少なかった。

 

だから、全く上達しなかったんですよね。

 

となると、クラスの友達から僕は、

完全にザコ扱いになりました笑

 

モンハンはさっきも言ったように、

4人くらいで協力してモンスターを倒すゲームです。

 

だから、僕がクラスの友達といっしょにモンハンやると、

完全に足手まといです。

 

友達と比べて僕は、

操作も下手だし、装備も弱いので、

モンスターからめっちゃダメージをうける。

 

だから、とにかく死にまくる笑

 

もちろん、死にすぎると、

ゲームオーバーになって、

同時にプレイしている友達にも迷惑がかかります。

 

友達「しゅんのせいで、またクリアできなかったじゃねーか笑」

僕「すまん、次こそは頑張る笑」

 

みたいな会話は日常茶飯事でした。

 

まあ、ゲームなんで、

みんな笑いながら、下手な僕をいじってくれました。

 

でも、僕としてはなんだかんだ悔しい。

 

自分が下手なせいで、

迷惑かけてるのが嫌でした。

 

だから、めっちゃモンハン練習したかったんですよね。

 

でも、部活と勉強も忙しい。

 

だから、全然モンハン上手くらない。

 

3日に1回くらいしか、練習できなかったんですが、

3日も経つと、ゲームの実力が毎回戻ってる。

 

練習する→3日後下手になってる→練習する→3日後下手になってる

 

この繰り返しでした。

 

正直、いつまで経っても上達しなかった。

 

 

そんなある時、

僕にある事件がおきます。

 

部活の試合の途中で、転んだ拍子に、

鎖骨を骨折してしまったのです。

 

で、そのまま僕は病院送りになり、

2週間ほどの入院を余儀なくされました。

 

ここから、僕は一転して、

かなり暇な生活になりました。

 

当然、入院しているので、学校は行きません。

部活ももちろん、ありません。

塾もお休みです。

 

勉強もしなくていい。

部活もしなくていい。

 

そんな状態になった時、

やることは1つになりました。

 

それがモンハンです。

 

モンハン以外の選択肢が消えて、

モンハンただ1つに集中できるようになったのです。

 

2週間のほぼ毎日、

1日の大半をモンハンに使ってました。

 

まじで、100時間くらいは、

プレイしたんじゃないかと思います。

 

この短期間で、100時間もプレイしたのは、

クラスのなかでただ僕1人だったでしょう。

 

この入院のおかげで一気に練習できて、

モンハンのスキルは、

めちゃくちゃ上達しました。

 

そして、退院する頃には、

クラスの誰よりも上手くなっていました。

 

もう完全にザコキャラは卒業して、

頼れる男になりましたね笑

 

まあ、普通みんなで協力して倒すモンスターを、

入院中1人で倒してたので。

 

もう楽勝なわけです。

 

もちろん退院したら、

忙しい生活がまた戻ってきたのですが、

 

一度上達したスキルは、

そう簡単にもとには戻りません。

 

入院後はずっと、

僕はモンハンが上手い奴になり続けることができました。

 

やっぱ、上達すると、ザコだった頃に比べて

モンハンが何十倍も楽しくなりましたね。

 

 

というわけで、モンハンがクソ下手だった僕は、

入院中、短期間で一気に”修行”することで、

めちゃくちゃ上達できました。

 

これは、入院中は部活や勉強などの、

モンハン以外の選択肢が排除されて、

モンハンに集中できたからです。

 

まさに選択と集中です。

 

当時は選択と集中なんて意識してませんでしたが、

今思うと、モンハンが上手くなったのは、

選択と集中のおかげだなと思います。

 

 

まあ、これはモンハンに限らずです。

 

選択と集中は、どの分野でも効果を発揮します。

 

例えば、僕はネットビジネスで、

YouTubeを始めた時、最初まじで何も喋れませんでした。

 

まず、恥ずかしいし、話す内容も浮かばないし。

 

でも、とりあえず、

1週間だけYouTubeに集中する週を決めました。

 

そしてその間、ずっと投稿を続けました。

 

そうしたら、だんだん話せるようになって、

その1週間で動画を投稿するハードルはほぼなくなりました。

 

これも、1週間だけ、YouTube以外のことを考えないようにして、

動画投稿にだけ集中できた結果かなと思います。

 

まとめると、

なにかある分野で自分が成長したかったら、

選択と集中を行うのが効率が良いってことです。

 

短期間で一気にやる

 

これが、上達の近道です。

 

選択と集中は、

勉強だろうが、ネットビジネスだろうが、ゲームだろうが、

なんでも使えます。

 

ぜひ、選択と集中で、自分を成長させていきましょう。

 

では、今回は以上です。

 

ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在大学生の僕は、ネットビジネスで収入を得る生活をしています。

別に僕は才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

毎日、ゲームばっかりして引きこもって、

クソみたいな大学生活を送っていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

では、どのようにして僕がネットビジネスで、

成功することができたのか?

 

その手法を電子書籍にまとめてみました。

 

15分程度で読める内容なので、

よかったら読んでみてください。

⇒電子書籍「ダメ人間でも仕組みを作って人生逆転する方法」を読んでみる

 

メールアドレスさえあれば、すぐ読めます。

 

また、その後送られてくるメルマガでは、

ブログでは全く話していない、深い内容もがっつり語っています。

 

オリジナルの企画もあるので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。